今年もよろしくお願いします。

 実は年末にお葬式があったので、昨年は喪中でした。
 そんなわけで、年末~年始にかけて、近年まれに見るレベルで親戚とかにあったのですが、やはり困ってしまうのが、弁理士と言う職業の説明でしょうか。
 元々は、弁理士について説明の要らないメーカー系の仕事をしてる親戚の方と話してる中で、ちょっとだけ言ったくらいの記憶しかないのですが。それが回りまわって広まったらしく、何度もどんな仕事か聞かれるハメになりました。まあ、めったに顔を合わせないメンバーが多いので、お互い話題に困りますしね。
 
 とりあえず、別にどんな仕事でも良いじゃん、こっちもそっちの仕事なんて知らないんだし、とか思ったんですが。ひとまず、同業の方に、私と同じパターンでハマらないように、失敗談を載せておきます。
 
 ・特許を作る人って言う説明をした場合
 発明をする人だと思われました。発明提案書とかが雑なお客さんとかの場合は、あながち間違っていない気もするのですが、分野によっては明らかにおかしい理解をされます。
 あんまり、正しくない気がします。
 
 ・お役所に出す書類を書く人と言う説明をした場合
 何故かヒマそうな公務員関係みたいな理解をされました。
 とりあえず、公務員ではないので、これも違う気がします。
 
 ・特許を出す人と言う説明をした場合
 一番最初と凄い微妙な違いなのですが、なんか凄い儲かっていそうな理解をされました。いや、自分のものになる特許じゃないんですが。
 
 ・弁理屋さんですと言う説明をした場合
 ああ、何でもお願いできるクラシアンみたいな奴ね、みたいな理解をされました。特許についてはある意味便利屋さんなので、当たっているような当たっていないようなラインです。
 まあ、お酒が入ってる状況だったのでセーフにしました。
 
 ・弁護士の機能限定バージョンみたいな感じですと言う説明をした場合
 めっちゃ法律の専門家で、裁判とかお願いできそうとか思われました。そもそも、六法ぺらぺらの弁理士とかはまず居ないので、これが、今回の中では一番NGパターンだと思います。
 
 
 ちなみに、他にも特許だけで喰っていけるの?とか言う声もあり、むしろ、特許以外で喰っていける世界もありそうでした。マジですか。
 総括すると、メーカー勤務経験のある人以外には、「事務です」くらいで説明しておくのが面倒くさくないようです。
 
 
 それでは、今年もよろしくお願いします。
 
 

The following two tabs change content below.
事務所で働く一応弁理士です。 国内特許系メインの日々の業務とか、試験対策ネタとか書いています。 受験時代は某L社系列の某B,M講師をメインに習っていました。 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする