一太郎死す?

【続報】「当社が負ければ、世界中に問題がおよぶ」、敗訴のジャストシステムが会見
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050201/155579/index.shtml

ジャストシステムが松下に訴えられた話で、会見が続報が上がっています。
ジャストシステムのソフト上で使われている内容が、松下の特許に抵触とのことでした。
パソコン歴一定以上の方は、ぇええって思われるのではないでしょうか。
事実上日本語ワードプロセッサーソフトは、Wordと一太郎の二択で、マイクロソフト大嫌いな人は一太郎を使うしかないですし。

長くて硬い文章なんか書かないぜーという方でも、IME(日本語変換システム)を見ると、ジャストシステム製のAtokだったりすることがあるはずです。
ほんの数年前までは圧倒的にMSIMEよりAtokのほうが日本語変換効率が良く、あまり環境の変わらない生活をされてる方の中には、こちらを使われてる方もまだまだ多いのではないでしょうか。
ジャストシステム敗訴=一太郎死亡=Atokも死亡となる可能性は、大いにあるわけです。

例によってウチも、キーボードぶっ叩く生活多かったので、一太郎7くらいまではAtokを愛用してました。
っていうか、一太郎はいらないからAtokだけください状態でしたが。
もっともその後、どこに行ってもMSIMEだったのでそっちに慣れる様にしたんですけれど。

で、ネットの反響的には、ただでさえマイクロソフトが一人勝ちしてるワープロ市場で、さらに塩を送るようなまねをしなくてもいいじゃん、といったものが多いようでした。
そしてもうひとつ言われているのがよりによって、これが通称まねした電器とまで呼ばれているような企業の訴えであるということ。
ちなみにこのまねした電器というのも、ソニーなど同業界の先行者の製品をパクりまくって、他社より優れた販売網で後出しを売りさばく手法が得意であることからついたらしいです。
そんな企業戦略してきても他社は即告訴。
裁判内容的には上告してしまえばすぐにジャストシステムがどうこう、ってことはないでしょうけれど、松下電器のこのアクションがどう世論や売り上げに影響していくか、結構興味深かったりするのでした。

The following two tabs change content below.
事務所で働く一応弁理士です。 国内特許系メインの日々の業務とか、試験対策ネタとか書いています。 受験時代は某L社系列の某B,M講師をメインに習っていました。 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする