ウィザーズ・ブレイン

ふと見てて、なんかネトゲーしかしてないように見えるのでたまには本の話でも。。。
一応それ系サイトですしね。
軽いのばっかりですが、読むことは読んでます。(/-\)
特にコレっていうのはないので、一つの作品を連続で読めることはまずないですけどね。
まあ移動中に読むためのものなので、手に入ったのはとりあえず途中の巻からのでもいきなり読んだりします。
そんなこんなで、ここしばらくで記憶に残ったのが、ウィザーズ・ブレインという電撃の奴です。
知名度の程は解らないんですが、なんかの大賞モノで1巻だけは物凄い前の出た直後くらいに読んだ記憶はありました。
<挿絵で思い出した
その時も一応面白いなーとは思ったはずなのですが、続刊に縁がなくそのままだったんですね。
それで最近ニ巻読んだんですが、物凄い面白くてびっくりしました。
一巻の内容が殆ど記憶から飛んでたので、思わず一巻読み直す程面白かったです。
これ自体がかなりありえないことで、私は一度読んだ本を普通読み直したりしません。
Iブレインってゆー作りこまれた作品ギミックと、毎巻大体大人と子供の間くらいのヒーローとヒロインにメインを絞った展開。
ほぼ積み上げて悲劇で崩す王道ワンパだけど、キャラ設定の妙なのか丁寧でどっか感情移入したくなるお話。
救いがないっていえば救いがないオチが多いですが、完全不幸というわけでもなくて分厚いのに最後まで気になります。
そして何より挿絵。
基本的に線の細い、はかない系のヒロインが多いので物凄いぴったりです。
泣けます。
まあ、まだ3巻までしか読んでないんですが、そのうち各巻の主人公が揃ったりする方向に行くんですかね。
なんかその頃にはシティ全滅してそうですが。

The following two tabs change content below.
事務所で働く一応弁理士です。 国内特許系メインの日々の業務とか、試験対策ネタとか書いています。 受験時代は某L社系列の某B,M講師をメインに習っていました。 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする